<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
11月29&30日
b0085336_16494699.jpg

9075レ(29日)
b0085336_1650736.jpg

9075レ
b0085336_16501380.jpg

851レ
b0085336_16501710.jpg

2079レ
b0085336_16502254.jpg

8854レ
[PR]
by ed75_gossy | 2011-11-30 16:51 | 撮影記録
11月24日
b0085336_1794151.jpg
b0085336_1794555.jpg

9075レ
[PR]
by ed75_gossy | 2011-11-24 17:09 | 撮影記録
11月19日
b0085336_1732076.jpg

工9596レ
b0085336_1733746.jpg

工9599レ
[PR]
by ed75_gossy | 2011-11-19 17:04 | 撮影記録
阿武隈急行
最近、週2回以上釣りで通い詰めている阿武隈川。
基本的に丸森~伊達市にかけてポイントを回るのですが、川沿いには阿武隈急行が走ります。
丸森周辺は杉が多いので、色づいてはいないのですが、所々に紅葉を見ることが出来ます。
普段はアブキューに目もくれませんが、今日はせっかくなのでデジ一を持って写真を撮ってみました。

とその前に、角田市の中央公園にDE10が置いてあるということで、見に行ってみました。
b0085336_20132358.jpg

b0085336_2013115.jpg
b0085336_20131551.jpg

いつも、この公園前を車で通っていたのに全然気づきませんでした。
カマは88号機。最近、外装を塗り直したそうで、結構綺麗な状態を保っていました。
後ろには車掌車も連結されています。

さて、本題のアブキュー。まずは国道の対岸から撮ってみました。
b0085336_201726.jpg

台風12号で阿武隈川も危険水位となり、もう少しで氾濫というところまで上がったそうです。
今では、そんなことが嘘のように静かな流れを保っています。

b0085336_20192879.jpg

秘境駅で有名な、あぶくま駅の近くにて福島行きの上り列車。日中は大体一時間に上下一本ずつ位の運行です。

b0085336_20203523.jpg

羽出庭トンネルを行く槻木行き下り列車。
2000m以上の長さがあるトンネルで、列車が見えてから飛び出すまで2分くらいかかります。

このあと、夕方まで川辺に降りて釣りをします。
b0085336_20231092.jpg

ブラックバスなんですが、この魚はコチクバスという種類です。
サイズは47センチで、越冬に向けて荒食いをしているため、お腹がパンパンです。1.5kgはあるかな~
岸沿いには産卵のため遡上してきた鮭が沢山いました。福島市内まで遡上する個体もいるそうです。

b0085336_20323433.jpg

日没後に阿武隈橋梁を渡る列車をバルブして、〆ました。
[PR]
by ed75_gossy | 2011-11-10 20:33 | 撮影記録
11月10日
b0085336_2062066.jpg
b0085336_2062678.jpg
b0085336_2063291.jpg

[PR]
by ed75_gossy | 2011-11-10 20:06 | 撮影記録
11月9日
b0085336_2051927.jpg
b0085336_2052373.jpg
b0085336_2052819.jpg

[PR]
by ed75_gossy | 2011-11-10 20:05 | 撮影記録
1039
b0085336_0502980.jpg

1039号機。このカマほど赤ベコの中で波乱万丈の人生を歩んだカマはいないでしょう。
青森生え抜きのこのカマは、ED75のラストナンバーとしてもてはやされ、国鉄時代~JR初期までは、ゆうづるの先頭に立つことも多かったと思います。
しかし、時代の流れとともに客車列車は衰退し、旅客会社ではもはや仕事も持たずに、貨物の委託運用をこなす程度。
そんな折、貨物会社に再就職が決まったかと思いきや、大規模な故障を患ってしまい、長い間の休眠。
復活しても、小さな故障を起こしては休車~復活を繰り返し、なかなか検修泣かせのカマだったことでしょう。
そして全検を受けても、機関区の方々の手によって、それまでのスタイルを大きく変えることなく、出来るだけオリジナルに近い状態を保っていたのは、それだけ現場でも愛されていたという証なのかもしれません。

あの日。定時であれば相馬辺りだったはずが、奇しくも下り列車の遅れで海沿いで足止めを食らってしまい、大津波に巻き込まれてしまったのです。
あの遅れさえなければ。92レに入らなければ。不謹慎ながらも、そんなことを考えた自分がいました。

今でもポツンと現地に取り残されている1039。残念ながら明るい未来ではなく、厳しい現実が待っていると聞きました。
色々なブログで現地の1039を目にすることがあり、その都度悲しくなってしまいます。

一度は現地に行こうとも思いましたが、それは止めました。
行って何をするのか。写真をバシャバシャ撮って、触れて、「あー残念だね。まだ動けそうなのに。」なんて呟いてみたり。

そんなことするために、あの場所へはどうしても立ち入れない気がして。

現地への立ち入りについては賛否両論はあるでしょう。

私は今後の行く末を静かに見守り、いま残りわずかな仕事をこなしている赤ベコを、いつも通りに撮り続けていきたいと思います。

取りとめもないことを書き続けてしまいました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
[PR]
by ed75_gossy | 2011-11-07 01:13 | 風化風葬